福岡市美術館は2016年9月よりリニューアル工事のため休館しています。
リニューアルオープンは2019年3月を予定しています。
 8月までの展示  
 
休館中の所蔵品の展示について
 

2016年9月1日〜2019年3月までの休館の間、福岡市美術館の所蔵品が下記の展覧会でご覧になれます。(随時更新中)


「夢の美術館〜めぐりあう名画たち〜」
出品作品:福岡市美術館、北九州市立美術館収蔵の名品展。福岡市美術館からは近現代美術の名品を約40点出品。サルヴァドール・ダリ《ポルト・リガトの聖母》、マルク・シャガール《空飛ぶアトラージュ》、アンディ・ウォーホル《エルヴィス》など。

会場:沖縄県立美術館 http://museums.pref.okinawa.jp/art/index.jsp
会期:12月20日(火)〜2017年2月5日(日)

会場:長崎県美術館 https://www.nagasaki-museum.jp/
会期:2017年2月23日(木)〜4月2日(日)

以後、熊本県立美術館、久留米市美術館、宮崎県立美術館、島根県立美術館に巡回予定。
会期は決定次第お知らせします。


福岡市内・県内の美術館・博物館で作品が見られます。
◎福岡アジア美術館 http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
「アニッシュ・カプーアとインドのカタチ」
会期:2017年1月2日(月)〜5月9日(火)
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/332
カプーアの初期の代表作とドローイングが展示されます。
※同館アジアギャラリーでも、ザオ・ウーキー《僕らはまだ二人だ−10.3.74》(1974年)などの作品が順次展示されます。

◎福岡市博物館 http://museum.city.fukuoka.jp/
新年度から、同館と福岡市美術館の黒田家資料が、順次展示される予定です。

◎九州国立博物館 http://www.kyuhaku.jp/
2017年1月より、当館所蔵の古美術作品が展示されます。

◎九州歴史資料館 http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/
当館所蔵の東光院仏教美術資料が展示される予定です。

伝・胡直夫筆《布袋図》
伝・胡直夫筆《布袋図》
南宋時代13世紀
※九州国立博物館にて展示。
 期間1月17日〜2月26日