福岡市美術館は2016年9月よりリニューアル工事のため休館しています。
2019年3月21日(木・祝)にリニューアルオープンします。
 8月までの展示  
 
休館中の所蔵品の展示について
 

■モダンアート再訪―ダリ、ウォーホルから草間彌生まで―福岡市美術館コレクション展
21世紀に入って間もなく20年。私たちは20世紀の美術を再考すべき時機を迎えています。本展は、福岡市美術館のコレクションの中から選りすぐりの作品76点で構成。モダンアートの歴史を再確認し、その成果を検証する格好の機会となるでしょう。

場所:横須賀美術館 http://www.yokosuka-moa.jp/
会期:2018年9月15日(土)〜11月4日(日)

菊畑茂久馬《ルーレット No.1》 菊畑茂久馬《ルーレット No.1》
1964年 福岡市美術館蔵
※モダンアート再訪―ダリ、ウォーホルから草間彌生まで―福岡市美術館コレクション展にて展示中


■1968年ー激動の時代の芸術
当館の森山安英寄贈集団蜘蛛資料より、「万博破壊九州大会」記録写真、ポスター等が展示されます。

場所:千葉市美術館 http://www.ccma-net.jp/
会期:2018年9月19日(水)〜11月11日(日)

場所:北九州市立美術館 http://www.kmma.jp/
会期:2018年12月1日(土)〜2019年1月27日(日)


■闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s
当館所蔵のケーテ・コルヴィッツ《カール・リープクネヒト追悼》(1919-20年)、《寡婦Ⅰ(連作『戦争』-4)》(1922-23年)が出品されます

福岡アジア美術館 企画ギャラリー http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
会期:2018年11月23日(金・祝)〜2019年1月20日(日)

場所:アーツ前橋 http://artsmaebashi.jp/
会期:2019年2月2日(土)〜3月24日(日)

闇に刻む光 アジアの木版画運動 「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s―
2010s」展 ポスター

福岡市内・県内の美術館・博物館で作品が見られます。
◎福岡アジア美術館 http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
アジアギャラリー
「アジアの近現代美術−黎明期から激動の時代へ」
場所:福岡アジア美術館
会期:開催中

「サイエンスの眼」
会期:会期:開催中〜10月2日(火)

「横尾忠則とアジア’89」
会期:2018年9月20日(木)〜12月25日(火)

◎福岡市博物館 2階企画展示室2 http://museum.city.fukuoka.jp/
福岡市美術館・福岡市博物館の黒田資料をあわせて紹介するシリーズを開催中です。

市美×市博 黒田資料名品展ⅹ「黒田家の具足とお守り」
会期:2018年9月4日(火)〜11月4日(日)

横尾忠則とアジア’89 横尾忠則《「第3回アジア美術展」ポスターのための製版フィルム-Ⅰ》1989年 
※「横尾忠則とアジア’89」にて展示