福岡市美術館は2016年9月よりリニューアル工事のため休館しています。
リニューアルオープンは2019年3月を予定しています。
 スクールツアー
学校の美術館利用をお手伝いします。展示作品を、ボランティアが案内します。

◎一方的な「解説」ではなく、児童・生徒とボランティアの対話を通しての鑑賞を行いますので、こどもたちのより深い美術への理解を促すことができます。
◎少人数のグループごとに行動しますので、それぞれのこどもたちに合ったペースでの鑑賞が可能です。
◎美術・図工などの鑑賞の授業、校外学習等にご利用下さい。
※保育園、幼稚園、小中学校向けのツアーです。高校・大学の利用については、教育普及係までご相談ください。(電話:092-714-6051)




 ツアーまでの流れ

1)美術館に電話。ツアーを予約。(電話:092-714-6051)

・なるべくご来館予定の1ヶ月前までにお申し込みください。
・混み合う場合はご希望の日時での予約をお受けできない場合がございます。
2)内容について相談。
・標準的なツアーでは、10人程度のグループに分かれ、50分で3点を鑑賞します。内容についてご希望がございましたら、ご相談に応じますので、お気軽にお申し出ください。事前に打ち合わせ・下見をされることをおすすめします。
※ 学校向けにツアーの内容や利用の仕方などを掲載したパンフレットを作成しています。
ダウンロードはこちら

3)減免申請書の提出。
・減免申請書を提出していただければ、引率の先生は無料になります。
書式はこのホームページからダウンロードできます。



 中学校交流ワークショップの実施


中学生によるギャラリートーク
毎年夏期に、福岡市中学校美術教育研究会(中美研)との共催で、 先生方によるワークショップの企画・実施・研究のサポートをしています。
これは、中学生、先生、美術館の交流を一つの柱とした活動です。


これまでの活動内容
平成13年度より実施。以下は最近の活動例です。


平成16年度
「中学生(美術部)の交流を通してワークショップを作ろう!」
   (作品鑑賞のためのワークショップを企画)


平成17年度

「鑑賞活動を通して広がるコミュニケーション」
   (美術館の作品をもとにグッズの配布やゲームを行なう「屋台」を企画)

平成18年度

「不思議アート《作品の不思議?を探そう!》」
   (美術館の作品についてギャラリートークを行なった)

平成19年度

「福岡市美術館のキャッチコピーを考えよう!」
   (中学生が考えたキャッチコピーをもとに来館者を案内。来館者にもキャッチコピーを考えてもらった。)

平成20年度

「美術館の作品をアーティストとトークしよう」
   (参加生徒はグループに分かれて、常設展示の作品を選び、4人のアーティストと一緒にギャラリートークを行った。)